コードキャンプの無料体験で心配事を解消し、さらに得をする

プログラミングの学習をするには、スクールに通う・通信講座を受ける・ダウンロード教材を視聴する・書籍を読むなどの学習方法があります。

しかし、わからなかった時にまわりに聞ける人がいればいいのですが、中には聞けない環境にある人もいるかと思います。

プログラミングの学習方法がわからない場合、どこから手を付けるのかがわからず、ただやみくもに学習する手段を見つけようとして失敗しがちです。

プログラミングの未経験者や初心者における「独学」による失敗や、「スクール」の選び方による悩みがあると思い例を挙げてみました。

「独学」による失敗の例は

  • コードを見慣れなくて嫌になってやめてしまった
  • わからない時に誰にも聞くことができずやめてしまった
  • 数千円の書籍を購入したが理解ができずやめてしまった

などがあります。

「スクール」の選び方による悩みの例は

  • 忙しいので時間の調整がつかない
  • 家の近くにないため遠くまで通わなければならない
  • 高い費用を支払わなくてはならない

などがあります。

こうした失敗や悩みをうまく回避するにはどうしたらいいか。

受講者数の人数が多くて満足度が高評価のコードキャンプの無料体験を活用したプログラミング学習に対してのリスク回避方法をまとめてみました。



学習の難易度について

挫折

つまずかないかどうか心配

プログラミングの未経験者や初心者が学習の際に最も心配とされるのは「つまずいてしまい挫折してしまうのだろうか」という答えをよく聞きます。

プロのエンジニアの方々が担当しているので安心

マンツーマン指導方式なので分からないところはすぐに質問ができます。



受講する場所や開発環境について

ネットワーク接続

うまく通信できるかどうか

「開発環境」と聞かれてPCの特別な環境や、仕様をいろいろと設定するなどの疑問があるのかもしれません。

Google Chromeを使用して受講する

Google Chromeがインストールされていて、インターネットができる環境であれば無理なく受講することができます。

通信講座の利便性について

計画表

スケジュールをうまく調整したい

社会人であれば、限られた時間の中でどうやって受講すればいいかがとても気になるところです。

予約は空いている時間を指定して選ぶことができる

一つの表に時間と曜日で区切られているので、計画を立てて受講することができます。

無料体験を受講すること以外に得すること

クーポン

無料体験が終わった後は?

コードキャンプの無料体験では、当然本受講を目的としているので、「何かあるのでは?」と期待してしまいます。

1万円の割引クーポンがもらえる

無料体験が終わった後に割引クーポンをもらうことができ、クーポンを利用することにより本受講を受ける時に本来支払う金額から1万円が割引されるので、お得感があります。

プログラミングに対しての不安が解消されたら...

プログラミングの未経験者や初心者にとって慣れないうちは多くの悩みがつきものです。

を通じることによってプログラミングのイメージがつき失敗を回避することができます。